大きな一枚板で生命力を感じるドアを作りませんか

オーダーメイドの木製ドアを考えている施工主様へのご提案です。

By 守谷インテリア木工所

はじめまして、守谷インテリア木工所です。あなたは今、新築・リフォームの準備をしていると思います。木製ドアのデザインは様々あり、その中でもシンプルで飽きのこない「一枚板の木製ドア」を紹介します。洋風には洋風のデザインで、和風には和風のデザインで対応します。
価格は60,000円から75,000円で杉のドアフレームにて提供します(神代杉や霧島杉などは除く)。


[ 一枚板の無垢のドア(製造後 3年経過) ]


[ 一枚板の例 (その他の一枚板はこのページの最後にあります) ]

製造業者でも一枚板は難しい

一般論として木材とは熱・日光や乾燥のために経年変化します。そのために、木工製品は材料の加工の前に、多くの時間をかけて経年変化を終わらせます。
さらには木材は板状に加工すると割れやすくなります。大きな一枚板では割れのコントロールが難しくなりますので、長年の経験が必要になります。
設備面においては、大きな一枚板はそれを加工する木工機械も大きくなければなりません。
在庫面においては、大きな一枚板を経年変化させる場所と時間がなければなりません。
結果として一枚板は在庫と設備がハードルとなり、多くのドア製造業者は対応が難しいのです。

まとめ

    • 大きな一枚板では割れのコントロールが難しい
    • 大きな一枚板では大型の機械設備が必要
    • 大きな一枚板では経年変化に時間がかかる
    • 大きな一枚板では在庫の経年変化に保管場所が必要

 

弊社では!

  • 大きな一枚板では割れのコントロールが難しい

    弊社では一枚板に温度変化を加えて経年変化を人工的に起こさせてからドアに組み込みます。高温約60度・低温約30度の温度変化を毎日約4ヶ月繰り返します。ドアに組み込んだあとの伸縮による形状変化を抑えます。
    さらに、ドアフレームを堅牢に組み立てています。ドアフレームの四隅をダボで結合します。全体のダボの数は18本から48本になります。多数のダボでドアフレームの強度を確保します。
  • 大きな一枚板では大型の機械設備が必要

    大型の機械設備があります。
  • 大きな一枚板では経年変化に時間がかかる、在庫の保管場所が必要

    広い専用スペースで伸縮を繰り返させて経年変化を終わらせます。
  • 一枚板在庫数は在庫数は350枚から400枚。[ 一枚板在庫のご案内 ]



[ 一枚板を温度変化に晒している様子 ]

[ ドアフレームの結合部(ダボ10本の箇所) ]

最後に

一枚板ドアのキャンペーンページはこれで終わりとなります。

守谷インテリア木工所は木製・無垢木材のドアなどの建具や造作家具を主力製品とする木工業者です。一枚板ドアだけではなく、その他の木製・無垢のドアは24,500円からオーダー寸法価格で提供しています。
お問い合わせお待ちしています。
[ お問い合わせ ]