木づかいのコツ 丁寧な仕事では二度加工する – 『月刊住宅ジャーナル』2020年11月号掲載

守谷インテリア木工所が月刊住宅ジャーナル(株式会社エルエルアイ出版) 2020年11月号で紹介されました。以下に転載します。
全文はこちら( monthlyhousingjournal_2011d1.pdf )。

連載 直伝 木づかいのコツ 丁寧な仕事では二度加工する

第19回(全20回予定)
守谷建具(埼玉県)代表 守谷和夫

大留めのコツ

[ 守谷 ]
木材の乾燥について知っていれば、大工仕事だって変わってくる。例えば、大留めなんかがそうだ。桧の一枚板をノコギリで正確に45度に切ってつなぐんだが、これが難しい。

[ 月間住宅ジャーナル ]
すし屋のつけ台(カウンター)でよく見かけますね。

[ 守谷 ]
正確に切ってから、二つをつないでも、後からすき間が透いてきてクレームになる。しょうがないから、ボルトをつかって締め付けたりして、無理やり固定したりするから、すごく手間がかかるんだ。

[ 月間住宅ジャーナル ]
インターネットでは、「建築用語集」というのがありまして、「角が透きやすいので完全な乾燥材を使うのが良い」と書かれています。こうした幅広材は、市場では“役物(やくもの)”と呼ばれ、高値で取引されていますが、規格の材寸ではないので全て自然乾燥材です。「完全な乾燥材」なんて本当にあるんでしょうか?

[ 守谷 ]
カウンターに使う幅400mmから450mmの桧の一枚板は全て自然乾燥材だ。機械乾燥したものは、内部も一定の水分になるが、内部割れを起こすから仕上げ用には使えない。
こんなことが起こるのは、木材の乾燥に関する基本知識が不足しているからなんだよ。
この斜めにカットした木材の水分がどのくらいか考えてみれば、すぐに分かることだ。
45度に切った先端の方は、木材の小口の面になるから、含水率としては、大体12から13%くらいになる。それに対して奥の方は、木材の内部から切ったばかりだから含水率が違う。自然乾燥材の内部だと含水率は大体20%くらいだ。つまり、大留めの両端で含水率が12%と20%と違っていて、時間が経つと12%と20%では収縮の仕方が異なるから、形が狂ってくるんだ。

[ 月間住宅ジャーナル ]
考えてみれば、まったくその通りです。

[ 守谷 ]
では、どうやって切ればいいかというと、時間を置いて2度切りすればいいということだ。最初は大体の寸法で荒っぽく切り落とす。しばらく乾燥させて形がゆがんできたら、今度は正確に45度の角度で切り落とす。そうすれば、含水率が同じだから、狂うことはない。

削り出しの精度も向上

[ 守谷 ]
こんな風に、「精度を出したい時は、2回切る」という考え方は、色んな場面で応用が可能だ。例えば、最近は、展示会で、NCルーターや、色んな特殊加工機を使って、自動的に削り出した木材の展示品を見かけることがある。

[ 月間住宅ジャーナル ]
木を削り出してコップを作ったり、大きなものですと、自動車の形にまで削り出すものまでありますね。

[ 守谷 ]
そうした展示品をどうやって加工したのか聞いてみると、自動で削り出したのはいいものの、木くずだらけだから、やすりで丁寧に磨き直したりして、加工するよりも磨く方によっぽど手間と時間がかかったなんて言うんだ。
そういう場合は、大きさが直径で0.1mmくらい違うドリルを2本用意しておいて、最初は小さい方のドリルで荒削りをして、次にちょっと大きい方のドリルで仕上げの削りをすると、木くずを出さずに全部自動できれいに削ることができるんだ。
こういうことは、丁寧に加工する時の道具の使い方の基本として覚えておいた方がいい。

月刊住宅ジャーナル(株式会社エルエルアイ出版)2020年11月号より転載

木づかいのコツ 無垢材の乾燥と加工1 – 『月刊住宅ジャーナル』2020年10月号掲載

守谷インテリア木工所が月刊住宅ジャーナル(株式会社エルエルアイ出版) 2020年10月号で紹介されました。以下に転載します。
全文はこちら( monthlyhousingjournal_2010d1.pdf )。

連載 直伝 木づかいのコツ 無垢材の乾燥と加工1

第18回(全20回予定)
守谷建具(埼玉県)代表 守谷和夫

[ 月間住宅ジャーナル ]
本連載、そろそろ終盤に差し掛かってきました。業者さんにぜひ伝えておきたいテーマはありますか?

[ 守谷 ]
やはり、無垢材の乾燥とか加工のコツだろうな。こういう話は、自分も大工さんに教えたりすると、すごく喜ばれるよ。それに無垢材を扱うのが苦手が木工屋にも参考になるんじゃないかな。
今、養生している無垢の一枚板のテーブルには、まったく新しい乾燥方法を取り入れているんだ。裏面を見てくれ。

[ 月間住宅ジャーナル ]
テーブル板の裏に70個以上の孔があいています。

[ 守谷 ]
これは乾燥のためなんだ。材寸は、巾1100mm、長さ2000mm、厚さ65mm、秋田産の無地と節つきの2枚セットで仕入れたテーブル板に使う杉だ。孔をあけたのが木裏で、四隅に脚をつけて使う。脚には床の間などに使う北山杉の規格外品(遺伝子の関係で凸凹模様が通常と異なるため規格外)を使う。直径25mmの丸い穴にしているのがいいんだ。もし、背割りを入れたら、木裏が開くから木表がそりかえってしまう。丸い孔にすると内側に収縮するから反らないんだ。

[ 月間住宅ジャーナル ]
背割り材の反対側をよく見ると、たしかに微妙に反っているように見えます。

[ 守谷 ]
孔をあけると素人にはもったいないようにみえるかもしれないが、無垢材は養生をしていると反ったり、ねじれたり、ひびが入ったりするから補修や手入れが大変なんだ。
テーブル板は、厚いので、数年かけて養生していると、反りやねじれだけでなく、割れが出てくる。特に割れは厄介でボンドやかすがいで割れの進行を食い止めるんだが、また次の割れが出てくる。割れを極限まで減らせるのが、丸い孔を空ける方法だ。ドリルで孔を空けていると中から水がしみ出してくる。それくらい内部はしめっているんだ。
建具用の木が反るときは、木表側に両端が反るから、手押しがんなで両端を削ってまっすぐにする。木裏側は、真ん中が出っ張るから、自動かんなで削ってまっすぐにする。
真っすぐにしてから、またトタンの屋根の下の外気下で養生をして、半年くらいすると、また1mmくらい反ったりねじれたりしてくる。この2度目の狂いを見つけて、まっすぐにすることが重要なんだ。そうしないと無垢建具には使えない。
一般的な建具屋の場合、桧や杉は、注文があってから材木店から材料を仕入れる。納期までには限られた日数しかないから、木材の狂いを削り直す時間がない。だから、狂いの起きにくい柾目の板しか使わないから値段が高くなる。
反りやねじれは樹種によっても差がある。初心者でもわりと扱いやすいのは杉だ。ヒノキは結構難しくて、よく反ったりねじれたりするから難しい。
初心者は絶対扱わない方がいい木がある。ケヤキだ。ケヤキは、祭りのお神輿なんかに使う硬い木なんだが、養生が大変なんだ。乾燥させると、スルメイカみたいに反り返ってくる。削って削って繰り返している内に、とうとう全部なくなってしまうのがケヤキなんだ(笑)。
こんど、お寺をやることになって、一枚板の引き戸と木製サッシをたくさんつくることになった。そこではケヤキも使うんだ(写真)。これは左右対称に採ったものを養生したものだ。ケヤキもうまく養生できれば、一枚板の引き戸に使うことができるようになる。
新型コロナが流行して、新築は少し減ったようだけど、リフォームは注文が多くきてるよ。家にこもる日が多くてストレスが溜まりやすいから、木の癒しなんかが、かえっていいんだろうな。

   

新技術・製品紹介 軽くて強い!鉄筋を使わないプレキャストコンクリート板を開発 守谷和夫氏(守谷建具店社長)が発明し、特許取得 – 『ウッドミック』2020年08月号掲載

守谷インテリア木工所がウッドミック(株式会社ウッドミック) 2020年08月号で紹介されました。以下に転載します。
全文はこちら( woodmic_2020-08_d1.pdf )。

新技術・製品紹介 軽くて強い!鉄筋を使わないプレキャストコンクリート板を開発 守谷和夫氏(守谷建具店社長)が発明し、特許取得

一般的なプレキャストコンクリート板は、床材や壁材としてひび割れの防止、強度を確保する為に、内部に格子状に組んだ鉄筋(ワイヤーメッシュ)を挿入して製造されている。その為、プレキャスト板の重量が非常に重いものとなり、取り扱いに際しては重機を必要とする等、扱いづらい資材の一つである。
この程、建具製造を本業とする守谷和夫氏((有)守谷建具店)は、鉄筋を使用せずに代わりに合板、ケイ酸カルシウム板、大平版、フレキシブルボード及び合板・木材・ケイカル板を組み合わせ積層構造にした中間板材をコンクリート板で挟み込んで製造したプレキャストコンクリート板を開発・発明し、特許第6648965号として登録された。(図参照)
守谷氏が発明したプレキャストコンクリート板は、カーテンウォールとしての用途にも使用できる軽量の壁材資材としての用途もあり、図のように木材片を利用する以外にも様々な植物系繊維を鉄筋の代わりに使用して製造でき、一方、コンクリートにカーボン等を混ぜ込んで製造すれば、電磁波等の透過を防止できる壁などにいろいろと応用できる。

木づかいのコツ 木材と湿気との関係 – 『月刊住宅ジャーナル』2020年09月号掲載

守谷インテリア木工所が月刊住宅ジャーナル(株式会社エルエルアイ出版) 2020年09月号で紹介されました。以下に転載します。
全文はこちら( monthlyhousingjournal_2009d1.pdf )。

連載 直伝 木づかいのコツ 木材と湿気との関係

第17回(全20回予定)
守谷建具(埼玉県)代表 守谷和夫

[ 月間住宅ジャーナル ]
6月、7月と雨続きの日が二カ月以上続いています。観測史上、最長の梅雨となっていますが、木製建具への影響は出ていますか。

記録的な梅雨によって倉庫の木材にカビ発生

[ 守谷 ]
長雨が続くと、板は反る、建具はかたくなる(閉まりにくくなる)。トラブルが次々と起きてくる。今年は工場の二階で保管している乾燥材にまでカビが生えてしまった。カビといっても表面のホコリをとれば一緒にとれてしまう位のレベルだが、こんなことが起きたのは50年以上やっていてはじめてだ。
一カ月も湿度が80%~90%という日が続いていると、木材が湿気を吸い取ってしまう。木材は雨の水は吸わないが、空気中の湿気を吸う。木材の含水率というのは、自然乾燥で2~3%ほどで、無垢建具として使う場合は、それをさらに夏の二階の温度60℃から70℃(昼間)、夜で30℃ぐらいの工場で2年は養生する。空気中の湿気が多いと木材が湿気をすって伸びてくる。同業者の仲間内の話によると、シート張りのユニットドアがしまらなくなったり、事務所の壁のプリント合板の表面がはがれてしまったそうだ。合板は20年以上前のものだが、長雨で乾いたり縮んだりを繰り返しているうちに接着剤面に疲労が起きて合板表面の収縮に耐えられなくなってしまったのだろう。

室内建具でも異変目安を超える膨張率

[ 月間住宅ジャーナル ]
建具の納まりでは湿気による木材の膨張をどのくらいに見ておけばいいのでしょうか。

[ 守谷 ]
木材というのは、長さ方向は伸びにくいが、幅方向が伸びてくる。おおよその目安としては、梅雨の季節に100mmで1mmのびる。1mだと10mmのびる。大体、(1/100)から(1.5/100)ほどで見ておいてから、建具をつくるんだ。
ところがこうした目安も今回の長雨では違ってきたんだ。
今月加工していたパネルは、3尺(909mm)で3分(9mm)足りなくなってしまった。定規は25mm厚のランバーコア、幅750mmで0.6mmから0.7mm伸びてしまった。実際には10mm以上も伸びたということだ。
ダボで接合する場合は、もっと伸びることもある。含水率2%から3%の杉の板目で、厚みが30mmある板を使って框を組んだら、2mのドアで5cmも伸びてしまったこともある。
無垢材を使った建具については、梅雨の季節だと何ミリ伸びるかという、長年の経験値とか一般的な理論値だけじゃ駄目だ。異常気象で今まで起きたことがないことが起きているもんだから、勘や常識だけではあてにならない。加工していて、あれ、何かおかしいなと思ったら、すぐに理論に置き換えて経験値に取り込むようにしないと、この異常気象の世の中の動きにはとても対応できない。

木造建築物への影響は?

[ 守谷 ]
人が通る大きさのドアでもこんな状況だから、もっと大きなモノ、例えば木造建築だと一体どうなるのかと気になっているんだ。これが中大規模の木造建築だとどうなるのか。例えば、最近注目を集めているCLT建築ではどうなっているのか。見た限りでは木材同士をぴったり固定していて、関係ないように見えるが、長雨の季節に木材同士が膨張して、木材の接着面に負担がかかって変形がおきるだろうし、あるいは集成材の接着面にも負担がかかって接着剤面の疲労が起きるだろう。木目方向に張っている集成材だと長さ方向は伸びずに幅方向だけが伸びるが、木目を交互に直交させて張っているCLTだと、湿気で縦と横の両方向が伸びるから、接着剤面にかなり負担をかけているはずだ。こうしたことは、一体誰が管理しているものなのだろうか?

[ 月間住宅ジャーナル ]
建築物の検査では、地震で建物が倒れないですとか、火災で燃えひろがらないですとか、人命の危険や安全性につながる所はしっかり見ているはずです。しかし、木造の建物が湿気で膨らむ箇所までは検査では見ていません。木造設計の解説書やマニュアルには木材の伸び縮みを暫定値で計算する例もあると思いますが、建築の部位ごとの木材の膨張・収縮に関する専門の解説書やマニュアルはまだ出ていないと思われます。

[ 守谷 ]
木材の膨張・収縮による変形は、設計者ひとりひとりの判断でチェックしているのだろう。設計者の中には、今まで鉄筋コンクリートや鉄骨しかやったことがない人が、はじめて木造でやることもある。その際に、木材の膨張や収縮についてあまりよくわかっていないので、第三者がいないということになる。
実際に数年前の現場では、5月の初旬に巾50mm、厚30mmの杉材を外壁に張り、例年通りの梅雨だったのに、7月に入って杉材の外壁がはね上がり、張り替えたことがある。おそらく板幅が1.5mmぐらいは帯びたと思われる。
これは後々、大きな問題になるんじゃないだろうか。中大規模の木造建築は、今どんどん増えているが、梅雨の季節のドアや襖の開け閉めの規模どころではなく、おそらくこれからは、熱帯地域のような、雨季・乾季、又は50年に一度の異常気象が毎年のように起きるので、後々になって大きなクレームに発展するのではないだろうか?

木づかいのコツ 外回りの木材の塗装 – 『月刊住宅ジャーナル』2020年08月号掲載

守谷インテリア木工所が月刊住宅ジャーナル(株式会社エルエルアイ出版) 2020年08月号で紹介されました。以下に転載します。
全文はこちら( monthlyhousingjournal-2008d1.pdf )。

連載 直伝 木づかいのコツ 外回りの木材の塗装

第16回(全20回予定)
守谷建具(埼玉県)代表 守谷和夫

[ 月間住宅ジャーナル ]
第14回(4月号参照)では、守谷宅の外装リフォームを参考に、外まわりで木材を使用する際の注意点について考えました。結論から言えば、濡れやすい箇所には、木を使わない方が良いということでしょうか。

[ 守谷 ]
必ずしもそうではない。杉の赤身のように、ナノレベルで蓋(弁)がされていて、水が浸透しない材を使えばいい。また、それ以外の材でも、塗料を使って木材を樹脂化すれば、耐久性・耐候性は高まる。

[ 月間住宅ジャーナル ]
一定寸法の材から杉の赤身だけを選びだすということは厳密には難しいので、やはり塗料と組み合わせて性能を高める方法になるのでしょうか。

外まわり塗装のコツ

[ 守谷 ]
外まわりで使う場合には、塗装の仕方にコツがいるんだ。これはほとんどの業者が誤解しているんじゃないだろうか。
外まわりで塗装する場合は、木をつるつるにしちゃ駄目なんだ。木の表面をざらざらにしてから塗らないと、木が腐りやすくなる。
サンダーで研磨する時に、100番で研磨するとつるつるになるが、40番で研磨するとざらざらになる。両方に塗装すると、40番の方が、5倍くらい多く塗料を喰うことになるんだが、その方が、持ちが全然違ってくる。
例えていうと、北米の板壁みたいにするといいんだ。鋸引きのざらざらのベイスギ(杉科の木〔シダー〕)の板壁にペンキや自然オイルで塗装するだろ。ああいう風に塗ると木材にたくさん塗料がしみこむから木が長持ちするんだよ。
研究では、アメリカやヨーロッパは寒冷地や乾燥地だから、高温多湿の日本よりも木材が腐りにくく長持ちすると言われている。しかし、研究者は現場のことをあまり知らないのではないのだろうか。そもそも塗装する木材の表面が違うと、塗料の量が違って経年変化にも大きく影響してくるはずだ。

[ 月間住宅ジャーナル ]
一般的には塗装前にやすりで磨いて、目止め剤も塗ってから塗装するのが良いと言われていますから、のこ目が付いたままの板に塗るという欧米のやり方は全く異なります。しかし、塗料を何倍も増やして塗ることには抵抗感があるのではないでしょうか。

[ 守谷 ]
いや、日本では3~4回重ね塗りするので、塗料の量としては大きな差はない。だが、重ね塗りでは木材に密着しにくいんだ。
外回りに使うのは油性塗料が多いが、油をたくさん使うという発想は、日本の伝統工芸にもあった。和傘に使う油紙がそうだ。和紙は表面がざらざら、でこぼこだから、油を大量に吸い込んで、水をはじくようになる。ただし欠点としては、燃えやすくなる。板葺き(いたぶき)屋根や板張の壁に油を使わなかったのは防火のためだろう。植物油でも空気中で硬化するえごま油や椿油などでないと使用できないだろう。

無機系の可能性は?

[ 月間住宅ジャーナル ]
伝統系では下見板張(したみいたばり)に柿渋(かきしぶ)や煤(すす)をぬって耐久性・耐候性を高めて、退色(木材の変色)にも備えたわけですが、防火については屋根材に瓦を用いて無機質化することに頼っていました。近年では、液体ガラスの塗料も出ているようですが、外まわりの板に無機系の塗料を塗るという発想はどうなのでしょうか。

[ 守谷 ]
液体ガラスというのは、水ガラスのことを指しているのだろうか。原料が不明なので製品に関する言及はできないが、水ガラスというのは、ケイ酸カルシウムのことを指している。つまり無機系の材料だ。
無機系の材料を木材に使う際の注意点は、塗料か木材か、どちらかの性質を変えないと使えないということだ。
無機系のものはいくら粒子を細かくして、ミクロン単位、ナノ単位にしたとしても、粒子同士が結びついて固まってしまうから、木材には浸透しない。
水溶性で木材に浸透させるには、赤身ではなく、白太を使う方が、よく水分を吸うので良いとされている。一般的な不燃木材では、水溶性の不燃材料を杉の白太に吸い込ませる。
分かりやすい実験としては、杉の赤身、杉の白太、檜の赤身を、100℃で30分煮沸して漬けておくと、面白い結果が出る。
杉の赤身は細胞にフタがされている。これを細胞壁孔と呼ぶ。赤身だと水を吸い込まずに水の上に浮いているのだが、杉の白太と檜の赤身は、細胞にフタがなく、水を吸うので沈んでいく。沈むと比重が3くらいになる。
だから、以前(第6回)にも説明したが、檜(ひのき)の赤身は、杉の赤身よりも腐りやすいんだ。だから、檜の赤身を外まわりには使わないほうがいい。
一応誤解のないように補足すると、細胞壁孔とは、木材内部の水を吸い上げる機能を持つ導管の、次のそのまた次の非常に微細なナノレベルの話だ。
また、木材は収縮するので、無機で水溶性の材料、例えばホウ酸を溶かしたものを塗ると、湿気が入り込む。いわゆる白華現象が起きる。こうした木材の性質によって起きる欠点を防ぐため、逆に木材に熱などを加えて変質させ、収縮率を減らしてから塗るという方法もある。しかし、木材が変形するし、製造コストもかかってくるので割高となる。
前回(第15回)でも紹介したが、竹というのは表面がシリカ質で無機系のガラス質のような物質だ。ことわざでも言う通り、「木に竹を接ぐ」(=異質なものをつなぐこと、筋道が通らないこと)のが、なぜ駄目なのかというと、有機系と無機系の材料では性質が違うからなんだ。

樹脂化という選択肢

[ 月間住宅ジャーナル ]
製造コストの観点から言えば、屋外で木材を長持ちさせるための最も合理的な選択肢は、木材の表面を塗装することによって樹脂化する、つまり表層をプラスチック化するという選択肢になるのでしょうか。

[ 守谷 ]
樹脂化することは必ずしも安価な選択肢ではない。例えばアセチル化木材のように、木材をミクロレベルで樹脂化することで、腐朽に対して極めて強い木材にすることもできる。しかし、大変なコストがかかってくる。アセチル化木材というのは、木材の導管にプラスチックを詰め込むWPCの技術よりもさらに高度な技術になるから、簡単に購入することは難しくなる。だから、表面だけを樹脂化する塗装の方が、製造コストとして良いということになる。
実は、アセチル化よりもコストをかけずに、杉の赤身に1ミリくらい簡単に樹脂を浸透させる技術がある。これについては、まだ開発中なので詳細は言えないが、最初に述べたように表面の研磨の仕方を変えたりとか、建具で言えば小口の面の取り方を変えるだけでも大きく違ってくる。これについてはまた次の機会に紹介しよう。